カテゴリー別アーカイブ: きものひとりごと

梅干し

image 梅干し ずーっと受け継がれて来たもの 着物たちと同じ、知恵と想いがつまっています。 時は流れても変わらないものがあるとほっとします。 そんなに難しい事じゃないのですね、伝えられた事をゆっくり思い出せば良いのですね。 三日三晩。理由は分からないけどこれで良いですか?おばあちゃん。

ありがとうございました\(^o^)/

image

お陰様で、昨日まで3日間にわたり開催させて頂きましたAITTAリメイク展を無事に終わらせる事ができました。約150名様程のご来場を頂き、大変盛況のうちに時間が過ぎて行きました。

「着物リメイクの印象が変わった」「こんなにカッコ良くなるんですか⁉︎」「初めて知りました!」などなど、思った以上の反響を頂きました。

従来の保守的なイメージを打破したくて、実物を見て触れて頂きたかったので展示会という形でご紹介させて頂きましたが、本当に本当に有り難かったです‼︎

これからも、お客様に喜んで頂き、着物たちに新しい命を吹き込むために日々是精進して参ります。

またいつか、この様な作品展を開けます日を目標に。

お暑い中、ご来場頂きました皆様にあらためて心より感謝申し上げます。また、この場をお借りし万が一不行届きが御座いましたらお許し頂きたくお願い申し上げます。

猛暑が続いております、ご自愛くださいませ。

サマージャケット

imageお客様よりご依頼のサマージャケットが完成しました!

紫紺色の素敵な露草の地紋が入った紗。

お気に入りのお襟の形を頂き、小柄なお客様が中々見つけられなかった丈のご希望を叶える事が出来ました。軽くてサラッとしてて、涼やかで…

それはそれは喜んで頂けました(≧∇≦)

お客様からの笑顔が何よりのご褒美になります!

感謝

第一正装

image

婚礼のお席は第一礼装が基本とされています。

未婚女性は振袖、既婚女性は黒留袖。晴れの日にはやはりお似合いです。

「吉祥文様」「宝尽くし」「錦糸の輝き」…着物にはお慶びの思いを表現する力が溢れている様に思われます。作り手の方の思いもお祝いに添えて。

おめでとうございます。

紬の反物から縞スカート2枚が生まれました

P1080018 P1080024 P1080022 P1080026 作品のアップをさぼっておりました ごめんなさい (涙)

とてもお洒落なお客様より 着物にお仕立しなかったという反物をお預かりしました。
銀鼠に子持ち縞の様なランダムな縦縞が粋な柔らかめの紬地です。

一つはボックススカート。
ウエストはゴム無しでも楽なようにバイアス芯仕立て、おなか周りはすっきりさせたかったのでボックスは下から広がりを付けました。
ボックスからチラ見するのは、これまたお預かりした抑えた小豆に近いエンジの裾回し。
動くたびに和の香りが…

もう一つは変わりフレアースカート
「変わり」? クリエイターのおしゃれ心は何とも複雑な追いひだのフレアーを生み出してくれました。縞の幅を上手く利用し、素敵な大人可愛らしさを醸し出しています。
これも、ウエストは楽にすっきり→ふんわりでどんなアウターにも合わせやすいスタイルです。

実は・・・この他にもう一つ、カッコイイ~ベストまで出来ちゃいました!
写真を忘れてしまった事をお許しください(涙)

 

 

男物羽織第2弾

imageまたまた男物の羽織裏に出会いました♡

富士山、巻き物(秘伝書か⁈お宝地図か⁈)、打ち出の小槌、米俵….

写真が上手く写りませんでしたが、それは楽しい羽裏でした。残念ながら表地は変色してしまっているため着物としては諦めましたが、この羽裏は何にしましょう?大切に使わせて頂きます♡

きっと“商売繁盛、家内安全、富士山の様に日本一の繁栄”を願ったのでしょうね。そんなストーリーを思い浮かべながら…

男物 羽裏の魅力

古い男物の羽織に出会うとドキドキしてしまいます。

〜どんな羽裏でしょう…〜

脱がなければ分からない、『洒落』『伊達』『粋』なんてかっこいい!楽しい!魅力的!

これは銭形に色々な文様が手描きされています

どんな方が どんな時に 羽織られていたのでしょう

その男性の肩に

どんな女性が掛けて差し上げてたのでしょう…image
image